晩冬*大寒(二十四節気と七十二侯)

  • 2019年1月20日
  • 2019年2月1日
  • 137view

大寒(たいかん)の時期はいつ?

だいたい1月21日頃が大寒にあたります。

大寒とは?

冬の季節の最後の節気。寒さがさらに厳しくなり、1年中で最も寒い時季です。小寒から立春までの30日間を寒の内といい、大寒はそのまん中にあたります。寒稽古など、耐寒のためのいろいろな行事が行われます。また「寒仕込み」といって、寒気を利用した食べ物(凍り豆腐、寒天、酒、味噌など)を仕込むのに最もよい時期とされています。

七十二侯

二十四節気(にじゅうしせっき)は半月毎の季節の変化を示していますが、これをさらに約5日おきに分けて、気象の動きや動植物の変化を知らせるのが七十二候(しちじゅうにこう)です。二十四節気と同じく古代中国で作られました。二十四節気が古代のものがそのまま使われているのに対し、七十二候は何度も変更されてきました。

第七十侯:款冬華(ふきのはなさく)

時期:1月21日〜24日頃
雪の下からふきのとうが顔をだす頃。待ち焦がれた春の訪れの象徴です。香りが強くほろ苦いふきのとうは早春の味。

第七十一侯:水沢腹堅(さわみずこおりつめる)

時期:1月25日〜29日頃

沢に厚い氷が張りつめる頃。沢に流れる水さえも凍る厳冬ならではの風景です。
沢の水どころか滝まで凍ってしまうと「氷瀑(ひょうばく)」となります。滝によってさまざまな姿形が造り出され、氷瀑はまさに自然が作り出した氷の彫刻といえます。
この頃は、強い寒気が入りやすく、最低気温が氷点下に達する地域も多くなります。

凍る滝

第七十二侯:鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)

時期:1月30日〜2月3日頃
春の到来を感じた鶏が鳥屋に入って卵を産み始める頃。本来、鶏は冬は産卵せず、春が近づくと卵を産みました。鶏は鳴いて夜明けを知らせるため、日本でも古来は神や悪霊が来住する夜と人間が活動する昼との境目を告げる霊鳥として大事にされてきました。

最新情報をチェックしよう!