晩秋*寒露(二十四節気と七十二侯)

  • 2018年1月1日
  • 2018年4月12日
  • 114view

寒露(かんろ)の時期はいつ?

だいたい10月8日頃が寒露にあたります。

寒露とは?

秋の長雨が終わり、本格的な秋の始まりになります。この頃になると五穀の収穫もたけなわで、農家では繁忙を極めます。露が冷たい空気と接し、霜に変わる直前で、紅葉が濃くなり、燕などの夏鳥と雁などの冬鳥が交代される時期でもあります。この頃は、大気の状態が安定して空気が澄んだ秋晴れの日が多くなります。夜には月も美しく輝いて見えます。

七十二侯

二十四節気(にじゅうしせっき)は半月毎の季節の変化を示していますが、これをさらに約5日おきに分けて、気象の動きや動植物の変化を知らせるのが七十二候(しちじゅうにこう)です。二十四節気と同じく古代中国で作られました。二十四節気が古代のものがそのまま使われているのに対し、七十二候は何度も変更されてきました。

第四十九侯:鴻雁来(こうがんきたる)

時期:10月8日〜12日頃
雁が渡ってくる頃。清明の時期に北へ帰っていった雁たちが、再びやってきます。

第五十侯:菊花開(きくのはなひらく)

時期:10月13日〜17日頃
菊の花が咲き始める頃。旧暦では重陽の節供の時期で、菊で長寿を祈願しました。

第五十一侯:蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)

時期:10月18日〜22日頃
戸口で秋の虫が鳴く頃。昔は「こおろぎ」を「きりぎりす」と呼びました。

最新情報をチェックしよう!