十月(神無月・かんなつき)四季と年中行事。

  • 2018年1月26日
  • 2019年2月19日
  • 146view

その昔、一年を二十四節気。
さらに3つに分けた七十二候として移りゆく季節を表しました。
年中行事は、その変化に富んだ四季の中で育まれ、培われた日本の文化です。

年中行事:十月(神無月・かんなつき)

神嘗祭(かんなめさい)

神嘗祭(かんなめさい・かんなめのまつり・かんにえのまつり)は宮中祭祀のひとつです。五穀豊穣の感謝祭にあたり、宮中および神宮(伊勢神宮)で行われます。このお祭りは天照大御神が高天原において新穀を召し上がったという、「古事記」の神話に由来し、すでに「大宝令」(西暦702年)には国家の恒例祭祀として定められていました。

えびす講「誓文払い」(えびすこう「せいもんばらい」)

10月は日本中の神様が出雲に集まり、諸国から神様がいなくなる「神無月(かんなづき)」です。 家運隆盛・商売繁盛の福の神である恵比寿様だけは、神々の留守を守るため諸国に残りました。ひとり残った恵比寿様に感謝をしつつ、商売繁盛、五穀豊穣を祈ったのが「えびす講」の始まりといわれます。 「えびす」は「恵比須」「戎」「夷」「蛭子」とも書き、いわゆる七福神の一神で、福徳を授ける商売繁盛の神として知られています。

十月(神無月・かんなつき)と二十四節気と七十二侯

秋分(9月22日頃〜10月7日頃)

green*enishi

目次 1 秋分(しゅうぶん)の時期はいつ?2 秋分とは?3 七十二侯3.1 第四十六侯:雷乃収声(かみなりすなわちこえを…

寒露(10月8日頃〜10月22日頃)

green*enishi

目次 1 寒露(かんろ)の時期はいつ?2 寒露とは?3 七十二侯3.1 第四十九侯:鴻雁来(こうがんきたる)3.2 第五…

霜降(10月23日頃〜11月7日頃)

green*enishi

目次 1 霜降(そうこう)の時期はいつ?2 霜降とは?3 七十二侯3.1 第五十二侯:霜始降花(しもはじめてふる)3.2…

最新情報をチェックしよう!