七月(文月・ふみつき)四季と季節の行事。

  • 2021年7月5日

その昔、一年を二十四節気。
さらに3つに分けた七十二候として移りゆく季節を表しました。
季節の行事は、その変化に富んだ四季の中で育まれ、培われた日本の文化です。

季節の行事:七月(文月・ふみつき)

七夕の節句

七夕は食物の成長を感謝する収穫祭と棚機女(たなばため)と呼ばれる娘がお盆に祖先の御霊(みたま)をお迎えする前に御霊の衣服を織り、棚に供え、心身の穢れを祓う招霊の行事でした。そこに大陸から伝わった「織姫」と「彦星」が年1度だけ天の川を渡って会えることが許されるという「星祭り」と技能や芸能の上達を願う祭「乞巧奠」(きこうてん)の風習が入ってきて現在の笹竹に願い事を書いた短冊を結びつけて祈る行事へと変化していきました。また、七月七日を「七日盆」として、お盆のしたくが行われてきました。この七月十五日のお盆に向けて準備をする期間と七夕が習合したような習わしが全国各地にあります。

土用の丑の日

土用とは本来、立春、立夏、立秋、立冬の前の18日間を指し、年に四回あります。
特に季候の変化が激しい7月20日~8月7日頃までの立秋前の土用が現在は「土用」として特に知られています。その期間にある「丑の日」に鰻を食べて夏に負けない体力をつけようという習慣が全国に広がりました。
他にもウの字がつく食べ物、瓜・うどん・梅干し・牛肉などを食する地域も多く、土用餅(どようもち)を作って食べる地方もあります。お餅という節目の日のお供物を作りそれを食べることからも「土用」が年中行事の大切な折り目になっていることが伺えます。

七月(文月・ふみつき)と二十四節気と七十二侯

夏至(6月21日頃〜7月6日頃)

green*enishi

目次 1 夏至(げし)の時期はいつ?2 夏至とは?3 七十二侯3.1 第二十八侯:乃東枯(なつかれくさかるる)3.2 第…

小暑(7月7日頃〜7月21日頃)

green*enishi

目次 1 小暑(しょうしょ)の時期はいつ?2 小暑とは?3 七十二侯3.1 第三十一侯:温風至(あつかぜいたる)3.2 …

大暑(7月22日頃〜8月6日頃)

green*enishi

目次 1 大暑(たいしょ)の時期はいつ?2 大暑とは?3 七十二侯3.1 第三十四侯:桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ…

最新情報をチェックしよう!