伊邪那岐神(イザナギ)・伊邪那美神(イザナミ)/日本の神様

伊邪那岐

名称伊邪那岐(イザナギ)
別名伊弉諾
伊耶那岐

伊邪那岐(イザナギまたは、イザナキ)は、日本神話に登場する男神。『古事記』では伊邪那岐神、伊邪那岐命、『日本書紀』では、伊弉諾神と表記される。イザナミ(伊邪那美、伊弉冉、伊耶那美、伊弉弥)の兄であり夫と言われています。
アマテラスやスサノオ等多くの神の父神であり、神武天皇の7代先祖とされています。

伊邪那美

名称伊邪那美(イザナミ)
別名黄泉津大神
道敷大神

イザナミ(伊弉冉、伊邪那美、伊耶那美、伊弉弥)は、日本神話の女神。伊邪那岐(イザナギ)の妹であり妻でもあります。

伊邪那岐・伊邪那美に纏わる神話

国産み・神産み

天上である高天原(たかまがはら)に住んでいる神様たちは下界を見下ろしました。下界は生まれたばかりで、海の上を何かがどろどろし、そしてふわふわしていてまったく固まっていませんでした。このままではいけないと高天原の神様たちは下界をどうにかしようと、イザナギと イザナミの二柱の神様に、天沼矛(あめのぬぼこ)という大きな矛を授けて、下界をしっかり固め、国造りをするよう遣わせました。イザナギとイザナミの二神は、天上から地上へと繋がっている天浮橋(あめのうきはし)の上から矛の先でどろどろになっている下界をかき混ぜました。矛の先でかき混ぜるたびに「こおろ、こおろ、こおろ」と、大きな音が響いてきました。二神が矛をそうっと引き揚げると、ぽたぽたと矛の先から落ちた雫が固まって、一つの島ができあがりました。ひとりでに固まってできたことから、この島は「 おのころ島(自凝島)」といわれています。

イザナギとイザナミは、初めてできたその島へとおりたちました。イザナギとイザナミは、最初の島「おのころ島」の上に御殿を建てて、そこで結婚の儀式を執り行いました。このようにして、 淡路島が最初に生まれ、四国や九州、本州、佐渡、他の多くの島々が生まれた と考えられています。 島ができると、イザナギとイザナミは島を治める神様たちを生み出しました。石や土、家、海、川、風、山の神様など を生みましたが、火の神様が生まれるとき、イザナミはその火によって大やけどを負ってしまいました。 大やけどを負ってしまったイザナミは、その後も鉱山、肥料、水、食物の神様などを生みました。その結果、イザナミは亡くなってしまいました。

イザナミの死・黄泉の国へ

イザナミの死を嘆き、悲しんだイザナギは、イザナミの遺体にとりすがり、 涙を流して泣きました。 イザナギはイザナミの亡骸を出雲の国と伯耆の国の間に位置する比婆山に葬りました。そして、イザナギはイザナミノに大やけどを負わせた火の神様を許すことができず、ついには火の神様を十拳剣で斬り殺してしまったのです。

イザナミを失ったイザナギは、しばらくの間悲しみに暮れていました。しかし、我慢できなくなったイザナギは、深い地の底にある死者の国「黄泉の国」へとイザナミを迎えに行こうと考えました。地の底にある黄泉の国へたどり着いたイザナギは、扉の奥にいるイザナミに向かって共に地上へ帰ってきてくれるように、優しく呼びかけました。しかし、中から聞こえてきたのは、イザナミの悲しそうな声。

「どうしてもっと早く来てくれなかったのですか。私は、すでに 黄泉の国の食べ物 を食べてしまい、地上へはもどれないのです。でも愛するあなたのために、地上へ帰ってもよいかどうか、黄泉の国の神様にたずねてみます。それまで、私の姿を決してのぞかないでください」

イザナミの言葉を聞いて、イザナギノは待っていました。しかし、いくら待ってもイザナミからの返事はありません。待ちくたびれてしまったイザナギは、小さな火を持って、黄泉の国へとイザナミを探しに行ってしまいました。
扉の奥は真っ暗な闇が続いていました。 小さな火をもって、目を凝らしたイザナギの目に飛び込んできたのは、腐りかけてうじ虫がたくさんたかり、恐ろしい雷神たちがとりついたイザナミの身体でした。

「のぞかないでと言ったのに、あなたは私にはじをかかせましたね」

醜く変貌してしまった自分の姿を見られたイザナミは激しく怒りだしました。

「イザナギをつかまえなさい」

黄泉醜女(よもつしこめ)という悪霊たちがイザナミの命令に従って、イザナギを捕えようと追いかけてきました。イザナギは地上へと続いている 黄泉平坂(よもつひらさか) に向かい、必死になって逃げていきました。すさまじい勢いで迫ってくる黄泉醜女たちに対して、イザナギは髪飾りや櫛を投げます。髪飾りや櫛は野ブドウやタケノコに変化し、悪霊たちはその実を食べ、その隙にイザナギは走り去っていきます。
逃げるイザナギの前に地上の世界が見えてきましたが、群れをなした黄泉醜女たちが迫ってきます。イザナギは手に持った剣を振るって防ぎながら、黄泉平坂のふもとに生えている 桃の木 から実をもぎ取り、黄泉醜女たちに投げつけました。桃の実は不思議な霊力が宿っていて、その霊力に恐れをなした黄泉醜女たちは逃げていきました。
しかし、イザナミは恐ろしい顔で迫ってきます。そこでイザナギは 大きな岩 を引っ張り、黄泉の国と地上の境にある黄泉平坂を塞いでしまいました。
岩の向こう側から、イザナミの大声が聞こえてきました。

「これからは、あなたの国の人間を、毎日千人ずつ殺します」

それを聞いたイザナギはイザナミに向かって答えました。

「それならば、地上では毎日千五百人ずつ子供が生まれるようにする」

このようにしてイザナギとイザナミは地上の世界と黄泉の国とで別れ別れになりました。二つの世界は二度と行き来できない大岩で塞がれました。それからというもの、地上では亡くなる人より生まれてくる子どもの方が多くなり、人は徐々に増えていったようです。

三貴子の誕生

三貴子(みはしらのうずのみこ、さんきし)とは『古事記』で黄泉の国から帰ってきた伊邪那岐(イザナギ)が黄泉の汚れを落としたときに最後に生まれ落ちた三柱の神々のことで、イザナギ自身が自らの生んだ諸神の中で最も貴いとしたところからこの名が生まれた。三貴神(さんきしん)とも呼ばれています。

✔️天照大御神 – イザナギの左目から生まれたとされる女神(本来は男神だったとする説もある)。太陽神。
✔️月読命 – イザナギの右目から生まれたとされる神(性別は記載していないが、男神とされることが多い)。夜を統べる月神。
✔️須佐之男命 – イザナギの鼻から生まれたとされる男神。海原の神。
日本の神様・八百万の神様一覧/日本を知ろう。
3.95

神社には様々な神様が祀られています。お住まいの土地・旅先で訪れた土地など、その土地には古来より人々の日々の暮らしや信仰を見守り続けた神社があり、祀られている神様がいます。ぜひ、神社に訪れた際には祀られている神様を調べてみて、その土地の歴史や昔から受けがれている人々の想いを感じてみてはいかがでしょうか。こちらでは、古事記や日本書記に登場する神様をご紹介していきます。

最新情報をチェックしよう!