天照大神/日本の神様

天照大神

名称天照大神(アマテラスオオカミ)
別名天照大御神(アマテラスオオミカミ)
天照坐皇大御神(アマテラシマススメオオミカミ)
大日孁貴神(オオヒルメノムチノカミ)
大日女尊(オオヒルメノミコト)
大日霊(オオヒルメ)
大日女(オオヒメ)
など

天照大神/天照大御神(アマテラスオオカミ、アマテラスオオミカミ)は、日本神話に登場する女神。(男神として祀られている地域もあります。)皇室の祖神で、日本国民の総氏神ともされています。『延喜式』では自然神として神社などに祀られた場合の「天照」は「あまてる」と称されています。

天岩戸の神隠れで有名であり、記紀によれば太陽を神格化した神であり、皇室の祖神(皇祖神)とされる。神社としては伊勢神宮が特に有名です。

天照大神に纏わる神話

アマテラスとスサノオの誓約

伊邪那岐命(イザナギ)が建速須佐之男命(スサノオ)に海原の支配を命じたところ、建速須佐之男命は伊邪那美命(イザナミ)がいる根の国(黄泉の国)へ行きたいと泣き叫び、天地に甚大な被害を与えました。イザナギは怒って「それならばこの国に住んではいけない」と彼を追放。スサノオは、姉のアマテラスに会ってから根の国へ行こうと思い、アマテラスが治める高天原へ行きました。アマテラスはスサノオが高天原を奪いに来たと思い、武具を携えて彼を迎えました。
スサノオはアマテラスの疑いを解くために誓約を提案。二神は天の安河を挟んで誓約を行いました。まず、アマテラスがスサノオの持っている十拳剣(とつかのつるぎ)を受け取って噛み砕き、吹き出した息の霧から以下の三柱の女神(宗像三女神)が生まれました。生まれた女神は、多紀理毘売命・多岐都比売命・市寸島比売命。
次に、スサノオが、アマテラスの「八尺の勾玉の五百箇のみすまるの珠」を受け取って噛み砕き、吹き出した息の霧から以下の五柱の男神が生まれました。生まれた男神は、正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命、天之菩卑能命、天津日子根命、活津日子根命、熊野久須毘命。
これによりスサノオは「我が心清く明し。故れ、我が生める子は、手弱女を得つ。」と勝利を宣言しました。

天岩戸神話

神代の昔、空の上に高天原という神々の世界があり神々はここで暮していました。太陽の神天照大神(あまてらすおおかみ)の弟の須佐之男命(すさのをのみこと)は、田んぼの畦(あぜ)を壊したり馬の皮を逆剥(さかは)ぎにしたりと、大変な暴れん坊でした。あまりにひどいいたずらにお怒りになりました天照大神は天岩戸(あまのいわと)と呼ばれる洞窟にお隠れになりました。太陽の神様がお隠れになると世の中は、真っ暗になりました。食べ物が育たなくなったり、病気になったりと大変なことが次々と起こります。
困りはてた八百万(やおよろず)の神々は天安河原(あまのやすかわら)に集まり、どうやったら天照大神がお姿を見せてくれるか相談しました。
まず、長鳴鳥(ながなきどり)を鳴かせてみます。
〈鳴かせてみました長鳴鳥(ながなきどり)、これが今の鶏です。朝、鶏が鳴きますと太陽が昇ってきます、鶏の鳴き声には太陽の神様を呼ぶ力が有ると言う事で鳴かせてみます。現在でも、鶏を放し飼いにしている神社がありますが、元はこの長鳴鳥(ながなきどり)から始まっています。〉しかし、天岩戸(あまのいわと)の扉は開かず失敗しました。
次に、天鈿女命(あめのうずめのみこと)が招霊の木の枝を手に持ち、舞をされ其の回りでほかの神々で騒ぎ立てます。すると、天岩戸の中の天照大神は「太陽の神である自分が隠れて居るから外は真っ暗で、みんな困って居るはずなのに、外ではみんな楽しそうに騒いでいる。これはどうした事か?」と不思議に思われて天岩戸の扉を少し開けて外を覗いてみます。神々は、騒いでいる理由を伝え「あなた様より美しく立派な神がおいでになりました。」「お連れ致します。」と言い鏡で天照大神の顔を鏡に写しました。自分の顔だと分からなかった天照大神は、もう少しよく見てみようと扉を開いて体を乗り出しました。その時、思兼神(おもいかねのかみ)が天照大神の手を引き、岩の扉を手力男命(たぢからをのみこと)が開け放ち、天照大神に天岩戸から出て外の世界に光が戻ったのです。

天照大神 男神説

神道において、陰陽二元論が日本書紀の国産みにも語られており、伊邪那岐神(イザナギ)を陽神(をかみ)、伊邪那美神(イザナミ)を陰神(めかみ)と呼び、男神は陽で、女神は陰となされています。太陽は陽で、月は陰であり、太陽神である天照大神は、男神であったとされる説があります。

日本の神様・八百万の神様一覧/日本を知ろう。
3.95

神社には様々な神様が祀られています。お住まいの土地・旅先で訪れた土地など、その土地には古来より人々の日々の暮らしや信仰を見守り続けた神社があり、祀られている神様がいます。ぜひ、神社に訪れた際には祀られている神様を調べてみて、その土地の歴史や昔から受けがれている人々の想いを感じてみてはいかがでしょうか。こちらでは、古事記や日本書記に登場する神様をご紹介していきます。

最新情報をチェックしよう!