CATEGORY

仲夏*芒種(二十四節気と七十二侯)

芒種(ぼうしゅ)の時期はいつ? だいたい6月5日頃が芒種にあたります。 芒種とは? 「芒(のぎ)」とは稲科植物の穂の先で、針のようにとがっている部分のことを言います。稲などの穂の出る植物の種を蒔く時期です。 この頃は梅雨入りの時期で、入梅(にゅうばい)とも言われます。昔は梅の実が熟して色づくと、梅雨になると言われました。 七十二侯 二十四節気(にじゅうしせっき)は半月毎の季節の変化を示していますが […]

初夏*小満(二十四節気と七十二侯)

小満(しょうまん)の時期はいつ? だいたい5月21日頃が小満にあたります。 小満とは? 日ごとに上昇する気温に合わせて緑が青々となり、虫たちの躍動や生命の輝きを感じるころ。畑の麦は大きく穂を実らせ、草木はくっきりと色濃くなってきます。節気名は、万物が育ち、次第に気が満ちることに由来しています。 七十二侯 二十四節気(にじゅうしせっき)は半月毎の季節の変化を示していますが、これをさらに約5日おきに分 […]

初夏*立夏(二十四節気と七十二侯)

立夏(りっか)の時期はいつ? だいたい5月5日頃が立夏にあたります。 立夏とは? 夏の始まりの時期で春分と夏至の中間にあたります。新緑の季節で、九州では麦が穂を出し、北海道では馬鈴薯や豆の種まきが始まります。 蛙が鳴き出すのもこの頃からです。 七十二侯 二十四節気(にじゅうしせっき)は半月毎の季節の変化を示していますが、これをさらに約5日おきに分けて、気象の動きや動植物の変化を知らせるのが七十二候 […]

五月(皐月・さつき)四季と年中行事。

その昔、一年を二十四節気。 さらに3つに分けた七十二候として移りゆく季節を表しました。 年中行事は、その変化に富んだ四季の中で育まれ、培われた日本の文化です。 年中行事:五月 (皐月・さつき) 八十八夜(はちじゅうはちや) 八十八夜は、立春から数えて88日目をいいます。(5月2日頃)”八十八”という字を組み合わせると「米」という字になることから、この日は農業に従事する人にと […]

晩春*穀雨(二十四節気と七十二侯)

穀雨(こくう)の時期はいつ? だいたい4月20日頃が穀雨にあたります。 穀雨とは? 穀雨とは、地上にあるたくさんの穀物に、たっぷりと水分と栄養がため込まれ、元気に育つように、恵の雨がしっとりと降り注いでいる頃のことを言います。菜種梅雨などと呼ばれることもあります。 七十二侯 二十四節気(にじゅうしせっき)は半月毎の季節の変化を示していますが、これをさらに約5日おきに分けて、気象の動きや動植物の変化 […]

晩春*清明(二十四節気と七十二侯)

清明(せいめい)の時期はいつ? だいたい4月4日頃が清明にあたります。 清明とは? 春先の清らかで生き生きとした様子を表した「清浄明潔」という語を略したもの。 万物が若返り、清々しく明るく美しい季節です。この頃は桜の花が咲きほこり、お花見のシーズンでもあります。南の地方ではつばめが渡って来る頃。雨が多い時季で、暖かくなった後に小雨が降り続いて寒くなったりもします。中国では古くからこの清明節の時期に […]