NO IMAGE

自然と人を繋げたい!〜神社学との出逢い編〜

今、私は”自然と人を繋げたい!”と思い、様々な活動をし始めています。

ここでなぜそう思うようになったのか、これからどういうことをしていきたいのかを、少しずつですが綴っていきたいと思います。拙い文書ですが、良かったらご一読ください。

私が”自然と人を繋げたい”と思うようになった最大のきっかけは、自由大学の神社学との出逢いでした。

今、私がキュレーターを務める「神社学」。

神社学との出逢いは今から4年前。
あの頃の私は、今の私を想像できなかったと思います。
それはなぜかというと、この4年間で私はかなり変わりました。

4年前の私がどんな状態だったかというと。。。

・父が余命宣告を受け、介護のため実家がある新潟と東京を行ったりきたりの日々。
・自分自身も体調が悪く、病院にいったら腫瘍がみつかり初期ガンだと判明
・会社に行くと健康なのに「早く死にたい」「楽に死ぬには何が良いか」と話す人たちに囲まれ、心が押しつぶされる日々。
・親友だと思っていた人の裏切り
・色々相談をしていた元仕事仲間の死 など

短期間に色々なことが一気におきてしまい心が追いつかず、心も体も”生きている感覚”がなくネガティブな思考ループにどんどんハマっていました。

どんどん弱ってきている私を見かねて友人が、
「このままだとダメになっちゃうよ!気持ちを切り替えるためにも、外に出たほうが良い!何か学びに行ったらどうか?」と言ってくれました。
当時の私は、いつ実家から呼び出しがくるかわからなかったので、予定もあまり入れず、新潟・会社・自宅をただぐるぐる回っている日々でした。

たしかに、このままだと自分自身がダメになるし、あまり家族や友人に心配もかけられないと思い、以前他の友人から勧められた自由大学のホームページを見たのが始まりでした。

初めは友人も学んだことのある講義の情報を調べるために見ましたが、そこで私は他に気になる講義を見つけたのです。

それが「神社学」。

「神社学」を見つけた時、私は思ったんです。


神社は、父と共通な好きなもの。小さい頃、父によく神社に連れて行ってもらっていました。そして、父は古事記や日本書紀をよく読んでいたのを思い出し、神社のことを学べば、残り少ない父との時間を大切に過ごせるのではないかと。そう思い私はすぐ申し込みをしました。

これが神社学との出逢いです。

今思うと父のためにと学び始めた神社学が、今では自分のためになっています。最後に父からかけがえのない贈り物をいただいた。そう思えるのです。

すべては奇跡の連続。本当に感謝です。


次回は、神社学での学びについて綴ろうと思います。

神社が好き!

神社は日本人の暮らしに深く根付いているにも関わらず、その魅力を知る機会がなかったのではないでしょうか?全国にある神社や自…

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!