ブログ

遊体法/テラノ式手ぬぐい体操を体験

  • 2017年12月6日
  • 2018年3月6日
  • ブログ
  • 170view

今日はマッキー先生こと寺野正樹さんの手ぬぐい体操に参加してきました♪

■「テラノ式手ぬぐい体操」とは?

「テラノ式手ぬぐい体操」とは、日本古来から伝わる “手ぬぐい” を使いながら、知らないうちに緊張させてしまっている身体の「力を抜いてあげる」ボディワーク(体操)です。

手ぬぐいを使った簡単な動きを通して、心地よく全身の力を抜いていくことで、関節の可動域が広がるだけでなく、普段は気づかない”無意識”の緊張に気づくこともできます。

緊張をゆるめることで、滞っていた部位にも血液や氣が巡ります。続けることで肩こりや腰痛はもちろん、冷え性などの改善につながります。

【遊体法/テラノ式手ぬぐい体操】
寺野正樹(Masaki “Macky” Terano)

フリーライターとして活動する一方、ライフワークとして「身体とこころの関係」を探求。ある日手ぬぐいで体操していたときに「脱力感覚」が容易に得られることを体感。現在ではオリジナルメソッド【遊体法/テラノ式手ぬぐい体操】として全国各地でワークショップを展開。身体研究家・整体師・ライター /

自分では気づかないうちに身体に力が入っていて、この手ぬぐい体操をやることによって、どこに力が入っていたかがわかり、そこの緊張を緩めることで全身がリラックスでき心も緩みまくり体操しながら寝ちゃいそうになりました!

▪️今日の学び
脱力すること
感じること
頑張らないこと
ゆっくりやること
息を止めないこと
楽しむこと

帰りにマッキーさん作のびわ染めの手ぬぐいも購入!
これ通常売られている手ぬぐいより20センチ長くて、手ぬぐい体操初心者の人や身体の硬い人におすすめの手ぬぐいなんです!これを使って身体をデザインするぞー

ブログ
最新情報をチェックしよう!