女性性って何?男性性が強すぎる私。

  • 2018年3月24日
  • 2018年7月24日
  • ブログ
  • 84view

最近いたるところで「あなたは男性性が強いね!」と言われます。
今後は女性性を増やすようにした方が良いよ!と言わることもあります。

「女性性」がないって。。。私、女だし。。。どういうこと?
ばっちりメークをすれば良いの?スカートをもっとはくようにすればいいの?と思いつくのは外見の事ばかり。
でも、どうやら外見的なことではなかったようです。

色々調べていてわかったのが、

男性性と女性性とは、肉体的な性別とは別に、心理的・精神的な部分における「男性らしさ」や「女性らしさ」のことを指します。一般的には、男性のほうが男性性が強く、女性は女性性が強いとされていますが、どちらもひとりの人間の中に存在しており、男女問わず誰しもが持っている感情です。

実際に心理的。精神的な部分を男性性・女性性にわけてみると。。。

男性性は、論理性や、リーダーシップ、攻撃性、積極性、決断力など。
女性性は、感情、やさしさ、包容力、柔軟性、共感性、受容など。

たしかに、私は男性性が強いのかも。。。

私も昔はどちらかというと女性性の方が強かったように思いますが、年を重ね仕事上での責任もでてきて気がつくと男性性が強くなっていました。どちらの比率が多い方が良い悪いはないと思いますが、私は女性性を強くしたい。

そう思ったのは、女性は女性性が閉じているとき、心に許せないことをたくさん抱えているそうです。それは「受容する」という部分が足りていないから。男性性の思考や論理的に考えるという方が強く、あれはイヤ、これはダメ、これも違う…といったように論理的に物事を考え、様々なことを白か黒かとジャッジしてしまう。私はその結果、相手も自分をジャッジしているのではないかと不安が起き、本来の自分を隠し生活をして自分を見失っていました。

今後は、日々の生活の中で「許す」「受け入れる」ということを意識し「イヤ」「苦手」と決めてかからず、ひとまずなんでも試してみること。あえて、今までの自分だったら避けていた、違和感のあるものに触れてみる!を実績していきたいと思います。
今は苦手な香り「女性性を高める香り」が、今後好きになりますように。
苦手な香りにも意味がある。私は私の中にある女性性を今まで避けていたんですね!

■女性性を引き出してくれるエッセンシャルオイル(精油)

イランイラン
クラリセージ
ゼラニウム
ローズ

【イランイラン】効果効能とおすすめの使い方(精油・アロマ)

【クラリセージ】効果効能とおすすめの使い方(精油・アロマ)

【ゼラニウム】効果効能とおすすめの使い方(精油・アロマ)

※エッセンシャルオイルの情報は、勉強中のため新しい知識が入りしだい随時追記していきます。(参考文献をみる)

注意事項・免責事項/アロマセラピーは医療ではありません。また、エッセンシャルオイル(精油)は医薬品ではありません。心身の健康に良い影響をもたらしますが、あくまでも補助的な手段だとお考えください。エッセンシャルオイル(精油)やアロマ関連の製品を使用の際は、取扱説明書や注意事項をよく読み、正しくお使いください。妊娠中の方をはじめ、持病がある方、高齢者の方は使用できないエッセンシャルオイル(精油)があります。また、健康状態に気になることがある方や、医療機関で治療中の方は、必ず医師や専門家に相談の上、安全にお使いください。
当サイトで紹介しているエッセンシャルオイル(精油)の特徴、効果、仕様、アロマセラピーの実践などによって生じたトラブルに対する責任を負いかねます。ご理解の程、何卒よろしくお願いいたします。

最新情報をチェックしよう!