今日から草木萌動〜草木が動きだす〜

最近気になっている七十二候(しちじゅうにこう)

七十二候とは、古代中国で考案された季節を表す方式のひとつで、二十四節気をさらに約5日ずつの3つに分けた期間のことです。
各七十二候の名称は、気象の動きや動植物の変化を知らせる短文になっています。

そして、今日(2018年3月1日)から3月5日までが草木萌動!

草木萌動とは、新しい命が春の訪れを感じ、土の中や枝々からいっせいに芽吹き・芽生え始める頃のことを言います。足もとや庭木の先にほんのりと薄緑に色づく芽に春を感じ、やさしい気持ちになれるそんな季節ですね。

いよいよ春の到来!

関東の方は、今日通勤通学時に春一番が吹くそうです。
春一番は、初めて春型の気圧配置になって吹く南風で、今年はかなりの嵐になるみたいですのでお気をつけてお出掛けさ下さい。

あわせて読みたい

二十四節気とは 二十四節気(にじゅうしせっき)とは太陽の動きをもとに、1年を約15日ずつ24等分して季節を表したものです。二十四節気では地球が太陽の周りを1周する「365日」を基本単位としています。この太陽暦の1年を春・夏・秋・冬に分けて、[…]

ブログ
最新情報をチェックしよう!