満月の過ごし方/月のパワーを感じよう

※この記事はブルームーンにあたる2018年3月31日に書いた投稿を編集しています。
3月31日の今日、満月でブルームーンですね。

ブルームーンという言葉をご存じでしょうか?月に2回満月が見られることがあります。この、2回目の満月のことをブルームーンと呼ぶのです。今月は2日が満月でした。そして今夜(31日)も満月なので「ブルームーン」です。「ブルームーン」は、およそ2年半に1度の割合で巡ってきますが、今年は1月に続いて、なんと2度目です。こういった年に2回もブルームーンが見れるのも珍しく次に見れるのは19年後の2037年だそうです。
欧米では神秘的な現象として知られていて、「ブルームーンを見ると幸せになれる」という言い伝えもあります。次にブルームーンが楽しめるのは、2020年10月。東京オリンピックの年までお預け。満開の桜が楽しめる地域では、ちょっと外へでて満月に照らされる夜桜を楽しんでみませんか?

満月は吸収力が高まる日と言われています。

吸収力、それは「陰」の力が高まる日です。
(新月は逆に「陽」の力が高まる日と言われています)

消化、吸収、補給、修復、再生、充電、休養など、エネルギーを蓄える働きが強まります。吸収力に関わる臓器、胃や腸の強化がなされるときでもあります。

 また満月のときにはむくみが出やすかったりしますが、これは陰のエネルギーが働くためです。人間の身体の多くは水分がでできていて、むくみも水分が影響しているのですが満月の水に起こす影響で感情の高ぶりも起こることがありますあがってきた感情を手放す時期でもあります。
 手放すことで受けとることのできる活力これが満月のエネルギーといえます。

 

では、実際に満月の日はどのように過ごしたら良いのでしょうか?
いくつかご紹介致しますので参考にして下さい。

おすすめの過ごし方

自分が心地よいと思う場所にいく

自分が「心地良い」と感じる場所が、あなたのパワースポットです。
生命エネルギーが満月に、パワースポットでエネルギーチャージしませんか。

お風呂に塩を入れる

塩には浄化の作用があります。
お風呂に塩(アロマバスがおすすめです)を入れてリラックスさせ、心と体を整えましょう。

お財布をからにして満月にかざす

これは有名な話ですね。
財布の中のお金、カードなどすべてを取り出し、空にした状態で、満月に向かって「今月もありがとうございました。」と言いながら、3回財布を振りましょう。満月は、大きく膨らんだ財布を意味し、満月の光に空の財布を当てることによって、月のパワーにより、金運がアップします。そして財布を一晩空の状態で寝かせましょう。また、鞄も空の状態にして一晩寝かすと、良い流れが入っていきます。

月には、不思議な魅力があり、感性や本能にダイレクトに訴えかけると言われています。月のリズムを利用すると、目標達成の過程がスムーズにいったり、効果が上がる事があります。満月の本日。早速月のパワーを感じてみませんか。

最新情報をチェックしよう!