マージョラムの花言葉「恥じらい」「常に幸福」

マージョラムの花言葉

「恥じらい」「常に幸福」「赤面」

花言葉の由来

花名の由来

ハーブとして様々な用途に用いられる。ハーブのオレガノは同属。古代ギリシャから栽培されていました。属名のOriganumはギリシャ語のoros(山)とganos(喜び)の合成語で「山の喜び」と言われています。マージョラムが生育場所である山頂に、歓喜の栄冠として存在する、という考えからこのような学名になったと言われています。そのことから、joy of the mountain という英名もあります。古代ギリシャでは長く薬草として活用されていた他、恋愛成就のお守りとして使われたり、結婚する若い二人が頭にこの花冠をのせる習慣がありました。また、故人の冥福を祈って、死装束の香りとして、また、お墓にも植えられたり、中世では魔除けのお守りとしても持ち歩かれるお花でした。心を平穏に保ち安らぎを与え心身ともにバランスを整えてくれる、まさに”幸福をもたらすハーブ”として知られています。マージョラム(マジョラムとも表記)は香辛料や精油として用いられています。

マージョラムの開花時期や見頃

マージョラムの開花時期は、3~6月です。

エッセンシャルオイル(精油)の効果効能

マージョラムは体だけではなく心も温めてくれるので、冷え切った心や孤独に感じてしまう時におすすめです。

その他の効果効能はこちら↓をご覧ください。

【マージョラム・スウィート】効果効能とおすすめの使い方(精油・アロマ)


※エッセンシャルオイルは、勉強中のため新しい知識が入りしだい随時追記していきます。(参考文献をみる)

注意事項・免責事項/アロマセラピーは医療ではありません。また、エッセンシャルオイル(精油)は医薬品ではありません。心身の健康に良い影響をもたらしますが、あくまでも補助的な手段だとお考えください。エッセンシャルオイル(精油)やアロマ関連の製品を使用の際は、取扱説明書や注意事項をよく読み、正しくお使いください。妊娠中の方をはじめ、持病がある方、高齢者の方は使用できないエッセンシャルオイル(精油)があります。また、健康状態に気になることがある方や、医療機関で治療中の方は、必ず医師や専門家に相談の上、安全にお使いください。
当サイトで紹介しているエッセンシャルオイル(精油)の特徴、効果、仕様、アロマセラピーの実践などによって生じたトラブルに対する責任を負いかねます。ご理解の程、何卒よろしくお願いいたします。

最新情報をチェックしよう!