ブログ

自然の力”ヘナ”で身体のデトックス!白髪染めだけではない魅力

  • 2018年12月4日
  • 2019年4月6日
  • ブログ
  • 168view

先日、アロマ教室で出会った方が「ボタニカルヘッドセラピー」を始めたので、
モニターとして体験してきました。

ボタニカルヘッドセラピーは、オーガニックのヘナを使ったトリートメントです。

この体験をするまでヘナは髪の毛を染めるだけのものだと思っていましたが、
ヘナはめちゃくちゃ身体に良いんです。

ヘナは、アーユルヴェーダ(インドの伝統医学)で使用されるミソハギ科の植物で、デトックス効果(体内の老廃物を排出すること)の高いハーブです。アーユルヴェーダ発祥の地インドでは、専門のドクターの処方で、ヘナジュースや岩塩・ギー油などとブレンドしたものが、体質を整えるために内服されたりしています。

今回ボタニカルヘッドセラピーで使用したのはこちら!

ボタニカルヘッドーセラピー使用した4種

リーフヘナ

ヘナの葉に含まれる成分が白髪をオレンジ色に染色します。髪と頭皮のトリートメント効果がとても高く、ハリやツヤ、コシがよみがえります。アーユルヴェダーでは体の毒素排出、炎症抑制、血糖や新陳代謝を良くする薬として使われています。

インディゴ

頭皮の殺菌作用があり、髪に栄養を与え、かぶれのケアーをします。ヘナ単独で白髪がオレンジ系に染まった部分にインディゴを加えると赤みが抑えられて色が落ち着きます。

ハーバルブレンド

ハーバルブレンドアーユルヴェーダに基づいた7種類のハーブをブレンドしています。
・アンマロク果実・・・頭皮を若返らせる、消炎作用、育毛など
・アカシアコンシナ果実・・・フケ防止、頭皮&毛穴の汚れをとる
・ツボクサ葉エキス・・・神経系統の働きを良くし、心を落ち着かせる
・アルニカ・・・血行促進、血液浄化
・バラエキス・・・収斂、消炎作用、女性ホルモンのバランスを整える
・ビャクダンエキス・・・リラックス効果、消炎、鎮静作用、皮膚強化
・ヘンナ

スパイス・アーマラキー

ビタミンCが豊富な果実の粉末。髪に使えば成長を促進する作用があり、肌に使えば若々しい肌に生まれ変わるのを助けてくれます。またミネラルや抗酸化物質の含有量も高く飲むことで体の抵抗・免疫力を増殖させる万能薬、若返りの薬としてアーユルヴェーダーでは珍重しています。

上記の4種を個々に合わせてブレンドして、ヘッドマサージ後にトリートメントしてもらいました。

効果は、白髪染めはもちろんのこと、
美髪・美肌・小顔・疲労回復・便秘解消・アトピー・内臓デトックスなどに良いというので
今後自分の身体がどう変化していくか楽しみです(帰り際、上記4種を早速購入!)

レシピ

ヘナパック

<ブレンド量>
※基本編(ショート1回分の量です。髪の量や髪の毛の状態によって分量を調整)
リーフヘナ 大さじ2
インディゴ 大さじ2
ハーバル・ブレンド 大さじ1
スパイス・アーマラキー 大さじ1
<作り方>
⑴ 上記の材料をボウルに入れよく混ぜます。ぬるま湯(40~50℃)を入れ、泡だて器で滑らかなゆるいマヨネース状になるまで溶きます。(シェーカーボトルに移し替えると使いやすいです)
⑵ 髪を洗って水気を拭き取り、オイルなどで頭皮マッサージをし、髪全体にもオイルをからませヘナパックを頭頂部からなじませながら塗ります。全体につけたら軽くマッサージをする感じですり込みます。タオルで包み、上から保温キャップをかぶります。
⑶ ヘナパックの待ち時間は初回20分です。(慣れてきたら30分〜1時間)その間、足湯をしてください。待ち時間にお風呂につかってもOKです。つかりながらの待ち時間は15分までにしてください。キャップは被らず、自然放置でも良いです。
⑷ シャンプー剤は使わないでよく洗い流したら、水気を取り乾かします。
せっかくのヘナが落ちてしまいます。シャンプー・リンスはいりません。2日間はお湯だけで流してください。

これからヘナ生活頑張るぞ!
とりあえず今日で2日目。とにかく眠い。。。いろいろとデトックス中です。

ブログ
最新情報をチェックしよう!