ゼラニウムの花言葉「育ちの良さ」「尊敬」「愛情」

ゼラニウムの花言葉

「育ちの良さ」「尊敬」「愛情」「君ありて幸福」
また、花の色でも花言葉があり、
白のゼラニウムの花言葉は「あなたの愛を信じない」。
赤のゼラニウムの花言葉は「君がいて幸せ」。
ピンクのゼラニウムの花言葉は「決意」。
深紅のゼラニウムの花言葉は「憂鬱」。
黄のゼラニウムの花言葉は「予期せぬ出会い」。

花言葉の由来

花名の由来

ゼラニウムという名前はギリシア語の「ゼラノス(鶴)」が語源で、ゼラニウムの果実が鶴のくちばしに似ていることに由来しているそうです。
ゼラニウムには2種類あり、ペラルゴニウム属は約300種類、フウロソウ属は400種類くらい存在しています。赤、白、黄色、ピンクなど色とりどりの花を咲かせ、葉は丸く香りがよく、ハーブとして分類されているゼラニウムもあります。‐5℃以下にならなければ室外で育つことができ、初心者でも育てやすい植物です。挿し木で増えることができますので気軽に楽しむことができます。ヨーロッパの街並みで窓辺に飾られている花の代表的な花はゼラニウムです。
ハーブゼラニウムは古くからヨーロッパで栽培され、多くの種類と色があり、品種によってその香りは異なります。なかでも「ローズゼラニウム」や「レモンゼラニウム」は、アロマオイルの原料として使われています。他にも虫よけとしての効果もある種もあり、昔から親しまれています。

ゼラニウムの開花時期や見頃

ゼラニウムの開花時期は、3月~12月上旬です。

エッセンシャルオイル(精油)の効果効能

今の自分にバランスをとらせてくれる香りで、自分の感覚に対する信頼を促します。また、落ち着きがなく散漫な心を安定さる香りです。

その他の効果効能はこちら↓をご覧ください。

【ゼラニウム】効果効能とおすすめの使い方(精油・アロマ)

※エッセンシャルオイルは、勉強中のため新しい知識が入りしだい随時追記していきます。(参考文献をみる)

注意事項・免責事項/アロマセラピーは医療ではありません。また、エッセンシャルオイル(精油)は医薬品ではありません。心身の健康に良い影響をもたらしますが、あくまでも補助的な手段だとお考えください。エッセンシャルオイル(精油)やアロマ関連の製品を使用の際は、取扱説明書や注意事項をよく読み、正しくお使いください。妊娠中の方をはじめ、持病がある方、高齢者の方は使用できないエッセンシャルオイル(精油)があります。また、健康状態に気になることがある方や、医療機関で治療中の方は、必ず医師や専門家に相談の上、安全にお使いください。
当サイトで紹介しているエッセンシャルオイル(精油)の特徴、効果、仕様、アロマセラピーの実践などによって生じたトラブルに対する責任を負いかねます。ご理解の程、何卒よろしくお願いいたします。

最新情報をチェックしよう!