春の五行「木」(身体と心とエッシャンシャルオイル)

最近勉強中の陰陽五行。五行の水・木・火・土・金も季節に割り当てることができます。
春夏秋冬の4つからなる「四季」は、五行では「木=春、火=夏、金=秋、水=冬」と配し、五行では季節が移り変わる時期に「土」を配し「土用」としました。「土用」は、立春・立夏・立秋・立冬の前の18~19日間にあたります。

上の図を見てもらうと今はちょうど「土用」。そしてまもなく立春になるので、

立春からは春の五行「木」へと移り変わります。

私たちの身体と心は自然界と密接な関係にあり、季節が変われば、新しい自然界のエネルギーを受け、私たちの身体と心も変化をしていきます。変化についていけないと体調を崩し、うまく取り入れられると心身ともに整えることができます。
これから始まる「木」の特徴をとらえ、季節を把握し、うまく自然界のエネルギーを取り入れましょう!

身体と五行(木)

東洋医学の臓器の五行は「肝臓」「胆嚢」です。

春は、肝の働きが高まる季節!冬に蓄積した毒素をデトックスさせます。春の食材には解毒パワーが溢れていて、代表的な春の食材といえば、アクの強い食べ物(山菜など)で、これらの食材は毒出しのお手伝いをしてくれます。

心と五行(木)

根源的な感情は「怒」

「肝」=「怒」。肝臓が病むと気が上昇して、怒りっぽくなります。また反対に、怒る気力がなくなったりします。やたらに怒ってしまうことは、肝臓を傷めることにつながります。

エッセンシャルオイル(精油)と五行(木)

この「木」に働きかけてくれるアロマは、

変化や学びを体験しながら成長していく、自己確立の過程のエネルギーを与えてくれます。

また「イライラや不満が募って仕方がない」という「怒り」の感情は、五行でいうと「木」のエネルギーが過剰な状態です。過剰すぎる場合は五行で「木」の相克の関係である「金」のエネルギーを使って「怒り」を鎮めることもできます。イライラや不満がおさまらない時は、「金」に働きかけるエッセンシャルオイル(精油)も活用してみてはいかがでしょうか?

また、春の季節に「木」を整えておくと、次の夏「火」が過ごしやすくなると言われています。「木」のエッセンシャルオイル(精油)を活用して、春「木」の時期を上手の過ごしましょう!

↓↓「木」以外の情報はこちらでご確認ください。

green*enishi

アロマを勉強しだして興味深かったことは、陰陽五行説をアロマセラピーでも応用できるということです。 陰陽五行説とは、古代中…


※エッセンシャルオイルは、勉強中のため新しい知識が入りしだい随時追記していきます。(参考文献をみる)

注意事項・免責事項/アロマセラピーは医療ではありません。また、エッセンシャルオイル(精油)は医薬品ではありません。心身の健康に良い影響をもたらしますが、あくまでも補助的な手段だとお考えください。エッセンシャルオイル(精油)やアロマ関連の製品を使用の際は、取扱説明書や注意事項をよく読み、正しくお使いください。妊娠中の方をはじめ、持病がある方、高齢者の方は使用できないエッセンシャルオイル(精油)があります。また、健康状態に気になることがある方や、医療機関で治療中の方は、必ず医師や専門家に相談の上、安全にお使いください。
当サイトで紹介しているエッセンシャルオイル(精油)の特徴、効果、仕様、アロマセラピーの実践などによって生じたトラブルに対する責任を負いかねます。ご理解の程、何卒よろしくお願いいたします。

最新情報をチェックしよう!