季節のアロマ【ローズマリー】1月は、ローズマリーの香りで新しい一歩を踏み出す

新しい年がスタートしました。
今年はどんな年になるかワクワクしている人も多いのではないでしょうか。
新しい年の始まりは、心も体も清めて、新たな気持ちでスタートしたいもの。

古代では、良い香りが聖なる力となり邪気を払ってくれるという思想があり、なかでも殺菌能力の高いハーブは魔除けの効果が高いとして大切にされてきました。
殺菌能力の高いハーブはいくつかありますが、今回ご紹介したいのは、葉の形状が尖っていたりギザギザになっている針葉系のハーブ。こういった形状の葉のものは“武器”として例えられることが多く、ウイルスや菌などと戦い、私たちを悪いものから守ってくれます。また、呼吸を吐き出すサポートをしてくれるので、心のモヤモヤや不要なものを外へと吐き出してくれます。

今回は、針葉系のハーブの中から、心と体に活力を与えてくれるローズマリーをご紹介します。

心を清め清々しい気持ちでスタート

ローズマリーは古来より邪気などの悪いものを清めるハーブとして用いられ、魔除けのハーブ・神聖な力を宿す聖なる薬草とされてきました。

そのことから、大勢の人が集まる場所や満員電車など、なんだか疲れを感じる時に、不要なものから守ってくれる“プロテクター”としても使われています。

新しい年に植物のエネルギーたっぷりのローズマリーの香りを纏い、悪いものが心や体に入り込まないようにプロテクトしましょう。

自信と決断力がつくサポート

ローズマリーのシャープですっきりとした香りは、頭脳を明晰にしてくれるので、記憶力・集中力を高めたい時に良く、仕事中などに芳香するのもおすすめ。

また、無気力な状態や精神的な疲労を感じている時に、心を元気付けてくれる働きをし、自分軸へと意識を向けさせてくれるので、自分への信頼感を高め決断力を高めてくれます。

この新年、新しく決めた目標へと進むのにぴったりな香りですね。

若返りの媚薬“ハンガリーアン・ウォーター”

ローズマリーには、70歳で求婚されたハンガリー王妃の逸話が残されています。

当時、老齢のために体調を崩していたハンガリー王妃へ、イタリアの修道院からローズマリーのチンキ(ハーブをアルコールで漬け込んだもの)が献上されました。ハンガリー王妃は、そのチンキを使ったところ、健康を取り戻しただけではなく、隣国の20代の王子からプロポーズもされたことから、このローズマリーのチンキは“ハンガリー王妃の水(ハンガリアン・ウォーター)”と呼ばれ、“若返りの水”の別名も持っています。

ローズマリーは、少し枯れても復活しやすく、復活するごとに香りがよくなるという植物の特徴を持っています。そういったことから“若返りのハーブ・復活のハーブ”とも言われていたのかも知れませんね。

================
今回は「ローズマリー 」をご紹介しました。
毛利元就が語ったとされてる言葉で、「一年の計は春にあり、一月の計は朔にあり、一日の計は鶏鳴にあり」があります。これは、何事も最初が肝心という意味が込められています。ローズマリーの香りで決意をし良い一年のスタートを切りましょう。

その他のローズマリーの情報は、こちらをご覧ください。

green*enishi

思考をクリアにして自己信頼を高める香り「ローズマリー」の効果効能|精油・アロマオイル・エッセンシャルオイル紹介 | gr…


※エッセンシャルオイルは、勉強中のため新しい知識が入りしだい随時追記していきます。(参考文献をみる)

注意事項・免責事項/アロマセラピーは医療ではありません。また、エッセンシャルオイル(精油)は医薬品ではありません。心身の健康に良い影響をもたらしますが、あくまでも補助的な手段だとお考えください。エッセンシャルオイル(精油)やアロマ関連の製品を使用の際は、取扱説明書や注意事項をよく読み、正しくお使いください。妊娠中の方をはじめ、持病がある方、高齢者の方は使用できないエッセンシャルオイル(精油)があります。また、健康状態に気になることがある方や、医療機関で治療中の方は、必ず医師や専門家に相談の上、安全にお使いください。
当サイトで紹介しているエッセンシャルオイル(精油)の特徴、効果、仕様、アロマセラピーの実践などによって生じたトラブルに対する責任を負いかねます。ご理解の程、何卒よろしくお願いいたします。
最新情報をチェックしよう!