[サンダルウッド]アロマ(エッセンシャルオイル・精油)効果・効能・おすすめの使い方

私の大好きなエッセンシャルオイルのご紹介です。

今回は『サンダルウッド』です。
それでは、どんなエッセンシャルオイルかみていきましょう!

サンダルウッドのストーリー・植物の特徴

キーワード過去の執着・未来の不安から解き放たれ、今を見つめる

サンダルウッドは4000年前から東洋の文化を深い関わりがあります、木材は家具や建材に使用され、香りは仏教やヒンドゥー教の寺院で焚かれていました。死者を来世に運ぶとも言われ、宗教儀式にも使われました。アーユルヴェーダでも薬草としてよく使用されます。日本書紀に聖徳太子の時代に淡路島に大木が漂着し、それを薪として火をつけたところ、なんとも言えない神秘的な香りがしたため、朝廷に献上したのが始まりと記載があるそうです。(今度、日本書紀のどの部分に記載があるか実際に調べてみようかと思います)

サンダルウッドの効果・効能

体への作用

サンダルウッドは強い殺菌力があり、エジプトでは痛いの防腐や感染症の治療にも使われてきました。また、鎮める作用が強いので呼吸器系の炎症や喉の痛みにもよく咳も抑えてくれます。

肌への作用

冷やし・保湿力があるので、日焼けした肌のケアにおすすめです。

心への作用

サンダルウッドの香りは、魂と心と身体を統合し、執着を絶ち今に意識を集中させてくれるので、過去から引きづっている想いや、未来への不安を断ち切り。今へと意識をむけさせてくれるので瞑想する時におすすめです。

【まとめ】注目すべきサンダルウッドの効果・効能

そら
心に深い落ち着きを取り戻したい時や、不安や執着心のためになかなか前に進めない気持ちの時に、この香りを楽しみながら瞑想してみよう!

・日焼けした肌のケアに最適
・執着心や不安を断ち切る
・呼吸器系の炎症を抑えるから風邪の時におすすめ

準備中

おすすめの使い方

準備中

準備中

information

学術名Santalum album
科名ビャクダン科
抽出部位木の心材
抽出方法水蒸気蒸留法
Note(ノート)ベース
性質(四気/湿度)涼/湿
陰陽五行陰/土・水
チャクラ第7

注意事項

✔️抑うつ状態の時に使うと、気分が一層滅入ることがあるので注意

豆知識

一般的にもっとも活用されてきたのは、白檀のサンダルウッド・インド(マイソール)です。老山白檀という別称がつけられるほどですが、現在は栽培は大変困難で、年々入手が難しくなっています。各メーカーでは、インド産のサンダルウッドが希少なため、別の産地のサンダルウッドを出し始めました。インドのものと比べると軽やかな印象の香りだなと私は感じました。インドのものだと香りが重すぎるなと感じる方は、インド産以外のものを試してみてはいかがでしょうか。自然からの恩恵がたっぷり詰まったエッセンシャルオイル(精油)大切に使いたいですね。
▼こちらは、インド産以外のサンダルウッドとなります。


※エッセンシャルオイルは、勉強中のため新しい知識が入りしだい随時追記していきます。(参考文献をみる)

注意事項・免責事項/アロマセラピーは医療ではありません。また、エッセンシャルオイル(精油)は医薬品ではありません。心身の健康に良い影響をもたらしますが、あくまでも補助的な手段だとお考えください。エッセンシャルオイル(精油)やアロマ関連の製品を使用の際は、取扱説明書や注意事項をよく読み、正しくお使いください。妊娠中の方をはじめ、持病がある方、高齢者の方は使用できないエッセンシャルオイル(精油)があります。また、健康状態に気になることがある方や、医療機関で治療中の方は、必ず医師や専門家に相談の上、安全にお使いください。
当サイトで紹介しているエッセンシャルオイル(精油)の特徴、効果、仕様、アロマセラピーの実践などによって生じたトラブルに対する責任を負いかねます。ご理解の程、何卒よろしくお願いいたします。
最新情報をチェックしよう!