[ラヴィンサラ(ラビンサラ)]アロマ(エッセンシャルオイル・精油)効果・効能・おすすめの使い方

私の大好きなエッセンシャルオイルのご紹介です。

今回は『ラヴィンサラ(ラビンサラ)』です。
それでは、どんなエッセンシャルオイルかみていきましょう!

ラヴィンサラ(ラビンサラ)のストーリー・植物の特徴

キーワード不安の解消・落ち着き

ラヴィンサラ(ラビンサラ)はアフリカ大陸の東海岸にある神秘的な島、マダガスカルが原産です。クスノキ科の高木で、精油はユーカリや樟脳のような爽やかな香りを持っています。ラベンダーやティートゥリーなどのように広く知られている精油ではありませんが、ラヴィンサラ(ラビンサラ)は様々な効能を持っており、マダガスカルでは「万能薬」と呼ばれマダガスカル語では「体にいい薬」を意味し、古くから大切にされてきた植物です。伝統的には強壮剤や感染症に対抗する薬草とされていましたが、科学的な研究により、それ以上の働きがある事分かってきました。ラベンサラという名前を多く聞きますが、混同されていたため、ラヴィンサラ(ラヴィンツァラ)が正式名称となりました。

ラヴィンサラ(ラビンサラ)の効果・効能

体への作用

免疫力を高めて、感染症を予防する働きがあります。呼吸器系全般の不調にもよく、喘息、気管支炎、咳を抑えます。風邪のひき始めにはアロマバスがおすすめです。婦人科系の感染症にもいいと言われています。

肌への作用

殺菌・消毒作用に非常に優れ、傷を治したり、ニキビにもいいと言われています。

心への作用

慢性的な不安やストレスに悩まされている人に、落ち着きを取り戻し、深い睡眠を与えてくれます。大きいショックに見舞われた時にも癒してくれネガティブな感情を浄化してくれます。また、自分への自信のなさや不安から、他人に遠慮しがちな人に、自分の意思を表す力を与えてくれます。

【まとめ】注目すべきラヴィンサラ(ラビンサラ)の効果・効能

・ネガティブな感情を浄化する
・肌への殺菌・消毒作用が優れている
・風邪のひき始め、インフルエンザの予防におすすめ

抗ウイルス作用・抗感染作用・免疫力増進作用・通経作用・抗炎症作用・去痰作用・鎮痛作用・神経強壮作用・抗カタル作用・創傷治癒作用

おすすめの使い方

インフルエンザの予防対策に

ラヴィンサラは、免疫力を高め感染症を予防する働きがあります。風邪やインフルエンザが流行する前の予防対策として、ラヴィンサラの芳香浴などいかがでしょうか?

information

学術名Cinnamomum camphora
科名クスノキ科
抽出部位
抽出方法水蒸気蒸留法
Note(ノート)トップ
性質(四気/湿度)温/燥
陰陽五行陽/金
チャクラ第5

注意事項

✔️特になし


※エッセンシャルオイルは、勉強中のため新しい知識が入りしだい随時追記していきます。(参考文献をみる)

注意事項・免責事項/アロマセラピーは医療ではありません。また、エッセンシャルオイル(精油)は医薬品ではありません。心身の健康に良い影響をもたらしますが、あくまでも補助的な手段だとお考えください。エッセンシャルオイル(精油)やアロマ関連の製品を使用の際は、取扱説明書や注意事項をよく読み、正しくお使いください。妊娠中の方をはじめ、持病がある方、高齢者の方は使用できないエッセンシャルオイル(精油)があります。また、健康状態に気になることがある方や、医療機関で治療中の方は、必ず医師や専門家に相談の上、安全にお使いください。
当サイトで紹介しているエッセンシャルオイル(精油)の特徴、効果、仕様、アロマセラピーの実践などによって生じたトラブルに対する責任を負いかねます。ご理解の程、何卒よろしくお願いいたします。
最新情報をチェックしよう!