【ライム】アロマでおすすめの使い方と効果とストーリー

私の大好きなエッセンシャルオイルのご紹介です。

今回は『ライム』です。
それでは、どんなエッセンシャルオイル(精油)かみていきましょう!

ライムのストーリー・植物の特徴

キーワード決断

ライムは、樹高5mに達する樹木で、年間を通しても薫り高く白い5枚花弁の花を咲かせます。もともはアジア原産の植物ですが、現在ではイタリアをはじめ、さまざまな国で栽培されています。同じ柑橘類のレモンに比べ、軽くて甘い香りが特徴。

ライムの効果・効能

体への作用

食べられるものから抽出されたエッセンシャルオイル(精油)は消化器系の働きを助けるため、消化不良、胃痛、食欲不振といったトラブルにおすすめです。

肌への作用

準備中。

心への作用

ライムは熟す前の一歩手前で収穫します。そんなライムは皮は緑色で、太陽の光をタップリと取り込んで、まさにこれから成長していこうという若々しさがたくさん詰まっています。そんな果皮から抽出されたエッセンシャルオイル(精油)は、光がほしい人・成長したい人におすすめです。
太陽の光をあびた元気いっぱいのさわやかな香りは、心をリフレッシュさせ、不安な感情を取り除いてくれます。そして明るく活気のある気持ちをもたらしてくれます。

【まとめ】注目すべきライムの効果・効能

そら
準備中

・準備中

・駆風作用・去痰作用・利尿作用・消毒作用・抗痙攣作用・抗うつ作用・強壮作用・抗ウイルス作用・止血作用・食欲増進作用・消化器系の不調改善・抗菌作用

おすすめの使い方

準備中

準備中

information

学術名 Citrus aurantifolia
科名 ミカン科
抽出部位 果皮
抽出方法 圧搾
Note トップ
性質(四気/湿度) 涼/燥
陰陽五行 陰/木・水
チャクラ 第4

注意事項

✔️光毒性に気を付けること
✔️高濃度での使用は控えること


※エッセンシャルオイルは、勉強中のため新しい知識が入りしだい随時追記していきます。(参考文献をみる)

注意事項・免責事項/アロマセラピーは医療ではありません。また、エッセンシャルオイル(精油)は医薬品ではありません。心身の健康に良い影響をもたらしますが、あくまでも補助的な手段だとお考えください。エッセンシャルオイル(精油)やアロマ関連の製品を使用の際は、取扱説明書や注意事項をよく読み、正しくお使いください。妊娠中の方をはじめ、持病がある方、高齢者の方は使用できないエッセンシャルオイル(精油)があります。また、健康状態に気になることがある方や、医療機関で治療中の方は、必ず医師や専門家に相談の上、安全にお使いください。
当サイトで紹介しているエッセンシャルオイル(精油)の特徴、効果、仕様、アロマセラピーの実践などによって生じたトラブルに対する責任を負いかねます。ご理解の程、何卒よろしくお願いいたします。
最新情報をチェックしよう!