【ジャスミン】アロマでおすすめの使い方と効果とストーリー

私の大好きなエッセンシャルオイルのご紹介です。

今回は『ジャスミン』です。
それでは、どんなエッセンシャルオイル(精油)かみていきましょう!

ジャスミンのストーリー・植物の特徴

キーワード情熱・自己信頼・感覚の目覚め

ジャスミンの香りは、古くから人々を魅了し、媚薬としても長い歴史を持っています。ローズが「花の女王」なら、ジャスミンは「花の王」と呼ばれ、歴史上は宗教儀式にも用いられ神に捧げる花として使われてきました。インドでは「花の王」と呼ばれる他に「聖林の月光」とも呼ばれています。ジャスミンの花は日がくれるとより濃厚に香り、この香りが感情に特別に作用することからそう呼ばれていたそうです。また、ジャスミンは、エッセンシャルオイル(精油)の中でも高価なものなので「エッセンシャルオイル(精油)の宝石」とも呼ばれています。

ヒンズー教の愛の女神カーマは、ギリシャのエロスやローマのキューピットのように弓をもった姿で知られ、ハートを射止めるためにその矢じりにはジャスミンが塗られたというお話もあります。

ジャスミンの効果・効能

体への作用

ジャスミンは“子宝のハーブ”と呼ばれ、生殖器を強壮してくれる働きがあり、女性特有の症状緩和に役立てられたり、出産時の分娩促進や産後の回復にも使用されています。

肌への作用

肌には保湿作用や抗炎症作用、皮膚軟化作用があり、スキンケアにもとても優れたエッセンシャルオイル(精油)です。

心への作用

ジャスミンのエッセンシャルオイル(精油)は官能的な部分を解放し、深いリラックスをもたらしてくれます。神経を鎮静させる一方で心にあたたかさをもたらすので、心に活力をあたえ、やる気や自信を生み出すサポートをしてくれます。

【まとめ】注目すべきジャスミンの効果・効能

 
そら
人生に愛や情熱を引き寄せたい時、自分の欲求にブレーキをかけてしまいがちな時におすすめだよ!

・自分を受容れ愛し、活力を与えてくれる香り

・抗うつ作用・鎮静作用・鎮痛作用・保湿作用・催乳作用・分娩促進作用・性的強壮作用・子宮機能強壮作用・催淫作用・通経作用・神経バランス作用・興奮作用・抗菌作用・血液浄化作用・抗細菌作用・ホルモン調整作用

おすすめの使い方

自分を取り戻す香り

自分に自信が持てないときはジャスミンの香りの芳香浴がおすすめです。ジャスミンの香りが心を落ち着かせ、失った自信を取り戻させてくれますよ。

information

学術名 Jasminum grandiflorum
Jasminum officinale
科名  モクセイ科
抽出部位  花
抽出方法  溶剤抽出法
Note  ミドル〜ベース
性質(四気/湿度) 温/平
陰陽五行 陽/火
チャクラ 第2

注意事項

✔️妊娠期の多量使用は避けること
✔️高濃度での使用は控えること


※エッセンシャルオイルは、勉強中のため新しい知識が入りしだい随時追記していきます。(参考文献をみる)

注意事項・免責事項/アロマセラピーは医療ではありません。また、エッセンシャルオイル(精油)は医薬品ではありません。心身の健康に良い影響をもたらしますが、あくまでも補助的な手段だとお考えください。エッセンシャルオイル(精油)やアロマ関連の製品を使用の際は、取扱説明書や注意事項をよく読み、正しくお使いください。妊娠中の方をはじめ、持病がある方、高齢者の方は使用できないエッセンシャルオイル(精油)があります。また、健康状態に気になることがある方や、医療機関で治療中の方は、必ず医師や専門家に相談の上、安全にお使いください。
当サイトで紹介しているエッセンシャルオイル(精油)の特徴、効果、仕様、アロマセラピーの実践などによって生じたトラブルに対する責任を負いかねます。ご理解の程、何卒よろしくお願いいたします。

最新情報をチェックしよう!