【檜(ひのき)】アロマの力で心と体を整える(エッセンシャルオイル・精油)

私の大好きなエッセンシャルオイルのご紹介です。

今回は『檜(ひのき)』です。
それでは、どんなエッセンシャルオイル(精油)かみていきましょう!

檜(ひのき)のストーリー・植物の特徴

キーワード真実・方向性・直感

漢字で「檜」または「桧」と書かれますが、檜は旧字、桧は新字となります。檜のエッセンシャルオイル(精油)は、火がつきやすいことから古代に火おこしに使われたとわれ「火の木」となったといわれます。また「日の木」の説もあります。

害虫や湿気に強く殺菌作用の高い木として、檜は古くから神社仏閣や浴槽などの建材として用いられてきました。

檜(ひのき)の効果・効能

体への作用

血行を促進してくれるので、むくみや肉体疲労、冷え性のケアにおすすめです。疲れている身体を癒して、気分をすっきりフレッシュしてくれます。

肌への作用

準備中

心への作用

まるで森林の中にいるような檜の香りは、緊張やストレス、イライラを鎮め、心を穏やかにし、リラックスをもたらしてくれます。疲れた神経を癒し、元気を回復させてくれます。

また、鎮静作用が安らぎをもたらし、眠りをサポートしてくれます。

【まとめ】注目すべき檜(ひのき)の効果・効能

そら
自分らしい生き方ができていないと感じている時や、自分の生きる使命や目的を探したいと思った時におすすめの香りだよ。

・準備中

準備中

おすすめの使い方

準備中

準備中

information

学術名 Chamaecyparis obtuse
科名 ヒノキ科
抽出部位 木部(心材)
抽出方法 水蒸気蒸留法
Note ベース
性質(四気/湿度)
陰陽五行
チャクラ

注意事項

✔️妊娠中のご使用は避けて下さい。
✔️皮膚刺激があるので、多量のご使用はお控え下さい。


※エッセンシャルオイルは、勉強中のため新しい知識が入りしだい随時追記していきます。(参考文献をみる)

注意事項・免責事項/アロマセラピーは医療ではありません。また、エッセンシャルオイル(精油)は医薬品ではありません。心身の健康に良い影響をもたらしますが、あくまでも補助的な手段だとお考えください。エッセンシャルオイル(精油)やアロマ関連の製品を使用の際は、取扱説明書や注意事項をよく読み、正しくお使いください。妊娠中の方をはじめ、持病がある方、高齢者の方は使用できないエッセンシャルオイル(精油)があります。また、健康状態に気になることがある方や、医療機関で治療中の方は、必ず医師や専門家に相談の上、安全にお使いください。
当サイトで紹介しているエッセンシャルオイル(精油)の特徴、効果、仕様、アロマセラピーの実践などによって生じたトラブルに対する責任を負いかねます。ご理解の程、何卒よろしくお願いいたします。
最新情報をチェックしよう!