[ジンジャー]アロマ(エッセンシャルオイル・精油)効果・効能・おすすめの使い方

私の大好きなエッセンシャルオイルのご紹介です。

今回は、疲れ切って何かにチャレンジする意欲に萎えてしまっている時や、行動する勇気がほしい時におすすめな『ジンジャー』です。
それでは、どんなエッセンシャルオイルかみていきましょう!

ジンジャーのストーリー・植物の特徴

キーワード行動力・チャレンジ精神

ジンジャーの根茎は、古くから体を温める薬として用いられてきました。原産国はインドですが、紀元前2世紀にはアラビア人により古代ギリシャ、ローマに伝えられました。中国では、痰を切り、心臓の強壮に役立つとされ、中国最古の薬物学書「神農本草経」に登場しています。名前の由来となったと言われているインドのジンギ地方では、今でもジンジャーティーを飲んで、おなかの調子を整える習慣があるそうです。また、ジンジャーには催淫特性があると考えられており、アフリカのセネガルでは、ジンジャーの根茎でベルトを編んで、男性の腰に巻く風習がありました。現在でも男性用化粧水の原料に利用されていますが、これも催淫特性と関係がある言われています。その他、食品香料の原料としても使われています。

ジンジャーの効果・効能

体への作用

神経のバランス調整によく、自律神経失調や情緒不安、神経疲労に有効です。また、温める作用が強く、冷えによる胃腸の症状(消化不良・食欲不振・下痢・便秘)に効果があります。二日酔い、乗り物酔いなどにも有効です。

肌への作用

皮膚細胞の修復に良いので、肌荒れ対策に効果があります。

心への作用

「不安な時はジンジャー」と言われるほど安定・安心感をサポートしてくれる香りなので、自分の価値を見いだせない不安や恐れなどの冷え切った心を温めて一歩踏み出す勇気を与えてくれます。刺激作用があり、感覚を敏感にして集中力や記憶力をアップさせる効果があると言われています。

【まとめ】注目すべきジンジャーの効果・効能

そら
疲れ切って何かにチャレンジする意欲が萎えてしまっている時、行動する勇気がほしい時におすすめだよ!

・不安感にはジンジャーがおすすめ
・一歩踏み出す勇気を与えてくれる
・集中力と記憶力をアップ
・二日酔い・乗り物酔いにおすすめ
・温める作用が強いので冷えによる胃腸の症状におすすめ

鎮痛作用・抗カタル作用・食欲増進作用・駆風作用・消化促進作用・去痰作用・局所循環促進作用・性的強壮作用・強壮作用・健胃作用・コレステロール低下作用・肝機能改善作用・抗アレルギー作用・強心作用・抗炎症作用・発汗作用・抗うつ作用・制吐作用・刺激作用・加温作用・免疫賦活作用・血管拡張作用・創傷、ただれの緩和・抗感染作用

おすすめの使い方

末端冷え性の解消に

ジンジャーには血行促進、発汗作用があり非常に温める作用が強いので、末端冷え性などに悩まれている方におすすめです。同じく温める作用が非常に強いオレンジスウィートとブレンドしてフットバスなどされてみてはいかがでしょうか!
*用意するもの*
・ジンジャー 1滴
オレンジスウィート 1滴
・天然塩 大さじ1
・足が入る大きさのバケツや洗面器など

天然塩にジンジャーとオレンジスウィートを合わせた入浴剤を作り、大きめのたらいやバケツに熱めのお湯を張り、10〜20分足浴をします。

集中力アップ!勉強部屋や仕事場に

ジンジャーの香りは、集中力や記憶力を発揮したい場面で力強い支えになってくれます。勉強部屋や仕事場にディフューザー等で香らせるのもお勧めです。特にローズマリーとブレンドすると相乗効果が期待できる上、香りもより良くなります。やる気が衰えかけている時や、気力を充実させたい時のルームフレグランスとしてもお使いください。心的な活力を取り戻す助けになってくれます。

information

学術名 Zingiber officinalis
科名 ショウガ科
抽出部位 根茎
抽出方法 水蒸気蒸留法
Note(ノート) ミドル
性質(四気/湿度) 温/平
陰陽五行陽/土
チャクラ 第1

注意事項

✔️低濃度で使用してください。


※エッセンシャルオイルは、勉強中のため新しい知識が入りしだい随時追記していきます。(参考文献をみる)

注意事項・免責事項/アロマセラピーは医療ではありません。また、エッセンシャルオイル(精油)は医薬品ではありません。心身の健康に良い影響をもたらしますが、あくまでも補助的な手段だとお考えください。エッセンシャルオイル(精油)やアロマ関連の製品を使用の際は、取扱説明書や注意事項をよく読み、正しくお使いください。妊娠中の方をはじめ、持病がある方、高齢者の方は使用できないエッセンシャルオイル(精油)があります。また、健康状態に気になることがある方や、医療機関で治療中の方は、必ず医師や専門家に相談の上、安全にお使いください。
当サイトで紹介しているエッセンシャルオイル(精油)の特徴、効果、仕様、アロマセラピーの実践などによって生じたトラブルに対する責任を負いかねます。ご理解の程、何卒よろしくお願いいたします。
最新情報をチェックしよう!