【クローブ】アロマでおすすめの使い方と効果とストーリー

私の大好きなエッセンシャルオイルのご紹介です。

今回は『クローブ』です。
それでは、どんなエッセンシャルオイル(精油)かみていきましょう!

クローブのストーリー・植物の特徴

キーワードたくましさ・高揚

クローブの木の原産は、スパイス島といわれるモルッカ諸島です。この木は、葉・茎・花芽のどこからでもエッセンシャルオイル(精油)が取れます。

花蜜が釘の形をしていることから、ラテン語の「釘」が語源と言われています。感染症抑止剤として、ペストなどの伝染病の予防に古くから用いられました。

チベットでは、クローブの花蜜を「神の花」と呼び、チベット医学では、香辛料植物とエッセンシャルオイル(精油)は重要な治療薬となっています。

クローブの効果・効能

体への作用

準備中

肌への作用

準備中

心への作用

準備中

【まとめ】注目すべきクローブの効果・効能

そら
考えてばかりでなかなか行動に移せない時や、行動を起こすためにネガティブな思いを手放す必要があると感じる時におすすめだよ。

・準備中

準備中

おすすめの使い方

準備中

準備中

information

学術名 Eugenia caryophyllata
科名 フトモモ科
抽出部位 花蜜
抽出方法 水蒸気蒸留法
Note ミドル〜ベース
性質(四気/湿度)
陰陽五行
チャクラ

注意事項

✔️使用する際は、少量で使用してください。


※エッセンシャルオイルは、勉強中のため新しい知識が入りしだい随時追記していきます。(参考文献をみる)

注意事項・免責事項/アロマセラピーは医療ではありません。また、エッセンシャルオイル(精油)は医薬品ではありません。心身の健康に良い影響をもたらしますが、あくまでも補助的な手段だとお考えください。エッセンシャルオイル(精油)やアロマ関連の製品を使用の際は、取扱説明書や注意事項をよく読み、正しくお使いください。妊娠中の方をはじめ、持病がある方、高齢者の方は使用できないエッセンシャルオイル(精油)があります。また、健康状態に気になることがある方や、医療機関で治療中の方は、必ず医師や専門家に相談の上、安全にお使いください。
当サイトで紹介しているエッセンシャルオイル(精油)の特徴、効果、仕様、アロマセラピーの実践などによって生じたトラブルに対する責任を負いかねます。ご理解の程、何卒よろしくお願いいたします。
最新情報をチェックしよう!