[ブラックペッパー]アロマ(エッセンシャルオイル・精油)効果・効能・おすすめの使い方

私の大好きなエッセンシャルオイルのご紹介です。

今回は『ブラックペッパー』です。
それでは、どんなエッセンシャルオイルかみていきましょう!

ブラックペッパーのストーリー・植物の特徴

キーワードHot oil・目覚め・自分の殻を打ち破る

インドが原産のブラックペッパーは、食用としてはもちろん、医学でも4000年も前から使用されていました。アーユルヴェーダでは欠かせない材料の一つです。中世ヨーロッパでは長期保存が出来るスパイスとして重宝され、大航海時代が始まるきっかけとなったとも言われています。
ホワイトペッパーやグリーンペッパーの精油もありますが、ブラックペッパーの方が芳香が強く精油量も多くポピュラーです。

ブラックペッパーの効果・効能

体への作用

身体の局部を温め発汗する作用があるので、リウマチや関節炎、神経痛、手足の冷えにおすすめです。食欲不振や消化不良、下痢、便秘やお腹がガスで張っている場合にも有効です。

肌への作用

加温作用や皮膚の血行改善があるので、しもやけにおすすめです。

心への作用

じめっとした感情を乾かし心を温めてくれるので、心の疲れや自信がない時、自分の中の抑圧されたものに対面した時に勇気を与えてくれ、ぼんやりとした感覚を覚醒させ集中できるようにする、そんな元気をくれる香りです。ブラックペッパーは、自分の中に眠っている可能性や才能を開花させたい時におすすめです。

【まとめ】注目すべきブラックペッパーの効果・効能

・心を温め勇気を与えてくれる
・身体を温めてくれるので冷えにおすすめ

抗菌作用・鎮咳作用・鎮静作用・胃粘膜保護作用・消化促進作用・抗感染作用・鎮痛作用・冷えの改善・結腸の毒素排出・呼吸器系の不調改善・風邪、インフルエンザの予防・鼻づまりの改善・肥満改善・血行促進作用

おすすめの使い方

筋肉痛のケアにおすすめ

激しい運動の後や筋肉疲労時には、お好みのキャリアオイルとブレンドして優しく患部をマッサージをするがおすすめです。

information

学術名Piper nigrum
科名コショウ科
抽出部位種子
抽出方法水蒸気蒸留法
Note(ノート)ミドル
性質(四気/湿度)熱/燥
陰陽五行陽/火・土
チャクラ第3

注意事項

✔️長期にわたっての多量使用は避けて下さい。
✔️腎臓疾患がある方への使用は避けて下さい。
✔️皮膚刺激を感じることがあるので低濃度(1%以下)でご使用下さい。


※エッセンシャルオイルは、勉強中のため新しい知識が入りしだい随時追記していきます。(参考文献をみる)

注意事項・免責事項/アロマセラピーは医療ではありません。また、エッセンシャルオイル(精油)は医薬品ではありません。心身の健康に良い影響をもたらしますが、あくまでも補助的な手段だとお考えください。エッセンシャルオイル(精油)やアロマ関連の製品を使用の際は、取扱説明書や注意事項をよく読み、正しくお使いください。妊娠中の方をはじめ、持病がある方、高齢者の方は使用できないエッセンシャルオイル(精油)があります。また、健康状態に気になることがある方や、医療機関で治療中の方は、必ず医師や専門家に相談の上、安全にお使いください。
当サイトで紹介しているエッセンシャルオイル(精油)の特徴、効果、仕様、アロマセラピーの実践などによって生じたトラブルに対する責任を負いかねます。ご理解の程、何卒よろしくお願いいたします。
最新情報をチェックしよう!