[ベルガモット]アロマ(エッセンシャルオイル・精油)効果・効能・おすすめの使い方

私の大好きなエッセンシャルオイルのご紹介です。

今回は『ベルガモット』です。
それでは、どんなエッセンシャルオイルかみていきましょう!

ベルガモットのストーリー・植物の特徴

キーワード目標達成・自己愛

ベルガモットは、イタリアの民間療法では大切な治療薬でした。16世紀以降には、ヨーロッパの数多くの植物誌に消毒薬、また解熱薬として記載されています。ベルガモットの名前は、ヨーロッパで初めてこの木が栽培されたというイタリアの小都市ベルガモが由来です。ナポレオンが統治した時代には、香水として人気が高まりました。紅茶のアールグレイの香りづけにも使用されています。

ベルガモットの効果・効能

体への作用

神経の鎮静効果があるので、緊張している人や焦りがある人はこの香りでリラックスできます。ベルガモットの香りは自律神経を整え、不安や精神疲労を軽減するという報告もあります。神経系の胃腸のトラブルにもよく、ストレスによる下痢や便秘、食欲不振、過食にも有効です。

肌への作用

ストレス性の肌トラブルに優れた効果を発揮します。また、抗菌、消毒作用により、脂性肌のケア、ニキビ、吹き出物、湿しんなどの改善に有効です。(ただし、光毒性があるため日中の使用はお控えください)

心への作用

交換神経の活動を鎮静する一方で心明るく高揚させます。不安や緊張、怒りを緩和するので神経性の不眠や情緒不安定な状態、うつ状態におすすめです。また、自己成長・目標達成のサポートをしてくれる香りと言われ、気力を高めモチベーションをあげてくれます。そして、自分を愛することを応援してくれる香り。完璧主義から解放してくれる香りとも言われています。

【まとめ】注目すべきベルガモットの効果・効能

そら
心を塞いでいて、内側に抑圧した怒りや不安がある時や、物事をポジティブにとらえたい時におすすめだよ!

・目標達成のサポートをしてくれる香り
・緊張している人、焦りのある人におすすめ
・自律神経を整えてくれる香り

抗菌作用・抗うつ作用・抗感染作用・鎮經作用・鎮静作用・駆風作用・消化促進作用・健胃作用・殺菌消毒作用・子宮強壮作用・消化器系の不調改善・殺菌作用・解熱作用・食欲増進作用・収斂作用・利尿作用・殺菌・消毒作用・抗炎症作用・抗感染作用・創傷治癒作用・ニキビの改善・乾癬、湿疹の改善・脂性の頭皮に・口内炎の改善

おすすめの使い方

芳香浴で風邪予防

抗感染作用があるベルガモットと殺菌作用のあるティートゥリーをブレンドして芳香浴をするのがおすすめです。冬の時期の感染症や風邪などが予防できます。

information

学術名Citrus bergamia
科名ミカン科
抽出部位塾れていない果皮
抽出方法圧搾法
Note(ノート)トップ
性質(四気/湿度)涼/燥
陰陽五行陰/木
チャクラ第4

注意事項

✔️光毒性があるので低濃度で使用しで下さい。皮膚に使用された後12時間は、日光や日焼けサロンの光にさらさないようにご注意ください。


※エッセンシャルオイルは、勉強中のため新しい知識が入りしだい随時追記していきます。(参考文献をみる)

注意事項・免責事項/アロマセラピーは医療ではありません。また、エッセンシャルオイル(精油)は医薬品ではありません。心身の健康に良い影響をもたらしますが、あくまでも補助的な手段だとお考えください。エッセンシャルオイル(精油)やアロマ関連の製品を使用の際は、取扱説明書や注意事項をよく読み、正しくお使いください。妊娠中の方をはじめ、持病がある方、高齢者の方は使用できないエッセンシャルオイル(精油)があります。また、健康状態に気になることがある方や、医療機関で治療中の方は、必ず医師や専門家に相談の上、安全にお使いください。
当サイトで紹介しているエッセンシャルオイル(精油)の特徴、効果、仕様、アロマセラピーの実践などによって生じたトラブルに対する責任を負いかねます。ご理解の程、何卒よろしくお願いいたします。
最新情報をチェックしよう!