アロマクラフト〜アロマをもっと楽しむ!〜

  • 2018年5月19日
  • 2019年2月17日
  • アロマ
  • 300view

エッセンシャルオイル(精油)にはそれぞれのメッセージがあり、自分にとって必要な香りは不思議と「いい香り」と感じるもので、今の自分に必要な香りと言われています。アロマ(エッセンシャルオイル・精油)を使って時には自分を見つめなおすことも「気付き」になって良いのではないでしょうか?ここでは日常に取りれやすいアロマクラフトをご紹介しています。

ぜひ、気になるものは日常に取り入れていきましょう!

アロマスプレー

気になる場所や、体にシュっとひと吹き。
エッセンシャルオイル(精油)の天然の香りの力で、人にも環境にも優しいアロマスプレーが簡単に作れます。

材料
精製水 45ml
無水エタノール 5ml
エッセンシャルオイル(精油) 10滴
容器
★作り方
1.ボトルに精製水、無水エタノール、精油を入れ軽く振り混ぜます。

アロママッサージオイル

大好きなアロマの香りに包まれながら、身体と心のコリをほぐしませんか?

材料
キャリアオイル 30ml
エッセンシャルオイル(精油) 6滴
容器
★作り方
1.ボトルにキャリアオイル・エッセンシャルオイル(精油)を入れて良くかき混ぜます。

アロマバスソルト

一日の終わりにアロマバスで身体を癒しませんか?
アロマバスソルトにはデトックス効果や保温・発汗効果など嬉しい効果も。

材料(湯船1回分)
天然塩 大さじ2
エッセンシャルオイル(精油) 5滴
★作り方
1.天然塩大さじ2に対し、精油を1~5滴混ぜる。
2.湯船に入れる。

アロマ柔軟剤

自分の大好きな香りで洗濯をしてみませんか?

材料(100ml)
精製水 90ml
グリセリン 10ml
クエン酸 小さじ1
エッセンシャルオイル(20滴)
★作り方
1.(A)50mlプラスチックビーカーにクエン酸・精製水40mlを入れ混ぜておく。
2.(B)100mlガラスビーカーにグリセリン・エッセンシャルオイル(精油)を入れよく混ぜる。
3.(B)のビーカーに(A)を入れ、さらに精製水50mlを入れてよくかき混ぜて完成。

【注意点】
・乾燥機の使用はさけて下さい。
・使用時よく振ってください。
・エッセンシャルオイルによっては、デリケートの素材に合わないものもありますので使用にご注意ください。
・色のついたエッセンシャルオイルは、色素沈着する可能性がありますので使用はお避けください。

アロマメイククレンジングオイル

メイク落としはナチュラルなものを使ってみませんか。

材料(30ml)
キャリアオイル 30ml
エッセンシャルオイル(6滴)
★作り方
1.キャリアオイルを容器に入れる。
2.エッセンシャルオイル(精油)を加え、ふたをしてよく振ったらできあがり。

・メイクがなじんだらティッシュなどで優しく拭き取ってから洗顔をしてください。

アロマ化粧水

手作りの化粧品で肌に潤いを。

材料(50ml)
フローラルウォーターまたは、精製水 40ml
無水エタノールまたは、キャリアオイル 3ml
グリセリン 3~7ml
エッセンシャルオイル(10滴)
★作り方
1.無水エタノールをビーカーに入れ、エッセンシャルオイル(精油)を入れてまぜ合わせる
2.1にフローラルウォーターとグリセリンを加えさらによく混ぜ合わせる。
3.2を保存容器に入れてできあがり。

※エッセンシャルオイルは、勉強中のため新しい知識が入りしだい随時追記していきます。(参考文献をみる)

注意事項・免責事項/アロマセラピーは医療ではありません。また、エッセンシャルオイル(精油)は医薬品ではありません。心身の健康に良い影響をもたらしますが、あくまでも補助的な手段だとお考えください。エッセンシャルオイル(精油)やアロマ関連の製品を使用の際は、取扱説明書や注意事項をよく読み、正しくお使いください。妊娠中の方をはじめ、持病がある方、高齢者の方は使用できないエッセンシャルオイル(精油)があります。また、健康状態に気になることがある方や、医療機関で治療中の方は、必ず医師や専門家に相談の上、安全にお使いください。
当サイトで紹介しているエッセンシャルオイル(精油)の特徴、効果、仕様、アロマセラピーの実践などによって生じたトラブルに対する責任を負いかねます。ご理解の程、何卒よろしくお願いいたします。
最新情報をチェックしよう!